主な活動

文理シナジー学会は、1999年に学術会議に登録された学際的な学会です。学術大会・発表会を始めとして、学会誌の定期発行や各種研究会における研究活動等を主な活動とし、文理・産学を問わず、様々な領域からのアプローチを行っています。

 

現在は、古典的な学問に加えて医学、バイオテクロノロジー、ナノテクノロジー、健康情報工学などの先端領域も学際的に統合し、各専門領域とその境界に止まらず、学際融合領域から発展する知識を体系化することから明らかとなる学術まで議論の対象とし、日本国内の学際融合とグローバルな学際融合活動を行っています。

大会・発表会

大会・発表会

毎年、春には学術大会、秋には発表会を行い、積極的な学際活動を行っています。

セミナー・イベント

セミナー・イベント

学会・研究会が中心となり、各種セミナー・イベントを開催しています。

研究会

研究会

文理シナジーという大きな活動領域の下、様々な個別の研究を支援しています。

学会誌

学会誌

文理シナジー学会として、学会誌を定期発行しております。